おかざき農園

2012年7月アーカイブ

当園ではさくらんぼの他に桃を栽培しています。

さくらんぼの収穫が終了した今は桃の摘果をしています。8月初旬から10月中旬まで順次異なる品種の収穫があるのですが、収穫時に美味しい桃になるように収穫前まで急がず順次摘果をしていきます。

写真は山形で8月上旬から収穫がはじまる「あかつき」という桃の樹です。他の畑では違うメンバーが他の品種の摘果を行っていたりして当園では今すっかり桃モードです。

さくらんぼの栽培も奥が深いですが桃も奥が深くとてもおもしろいです。

 

さくらんぼ同様、皆様に喜んでいただけるような、また、皆様にとって大切な方からも喜んでいただけるようなそんな桃をつくっていきたいと思います。

そんな想いを実現するために、明日から2日間同じ地域の若手農家のメンバーとともに山梨県に桃の勉強に行ってきます。

 

 


さくらんぼは来年へ向けての準備を行っています。

真っ赤で甘く美しいさくらんぼを作るためには基本があります。それは園地が明るいこと。

ここ数年かけて順次間伐や縮伐を行い、明るい園地づくりを目指しています。

今年も何本か間伐をします。写真は間伐終了後のものです。樹も一年ごとに生長するので樹同士の間隔がなくなっていき空間を埋めていくことで畑が暗くなっていきます。

そのため、残す樹と小さくしていく(将来は間伐する)樹を決めて間伐や縮伐をしているのです。

これでだいぶ明るくなり来年はきっと真っ赤なさくらんぼが実ることでしょう。

間伐した樹はこれまで多くの実をつけてくれたと思います。そのことに感謝しながら、残った周りの樹に真っ赤で甘く美しいさくらんぼが今年以上に実るようlにと願いながら間伐しています。


さくらんぼの収穫も終了し、現在は後片付けやさくらんぼ畑をより明るくするために、樹の間伐や縮伐をしたりしています。その様子はまた後日アップしたいと思います。

また、さくらんぼの次は当園では桃の収穫が近づいてきています。現在はその前の摘果をやり始めています。こちらも後日アップします。

そして、今日は久しぶりの休日をとりました。さくらんぼの収穫が終了するまで、GW中も休みなしで、特に2人の子供をどこへ連れて行くこともできませんでした。さくらんぼの収穫も終了したので子供たちと出かけることにしました。そんな子供たちのリクエストは「遊園地」。近くの遊園地まで行って思う存分楽しんできました。子供たちの喜ぶ姿を見て、これまでの疲れが吹っ飛びました。良い休日をありがとう。

 


佐藤錦の収穫も終盤になっています。

佐藤錦の次の品種として現在は紅秀峰(べにしゅうほう)が収穫最盛期を迎えているようです。

 

写真は真っ赤に色づいたナポレオン。

酸味が強く好みは分かれますが、完熟状態のものは糖度も20度を超え佐藤錦をしのぐおいしさです。

ナポレオンは佐藤錦の親の一つ。このナポレオンがあったからこそ佐藤錦は誕生したのです。

そして現在も佐藤錦の受粉樹として大いに重宝されている大変貴重な品種です。